読後にモヤモヤする、なんともいえない後味の短編小説集!

『Xメン』
 寒風吹き荒れる二月上旬。サラリーマンの聖地新橋に全国各地から集まった五人のおじさん。彼らはネット上で知り合った自称『超能力者』ならぬ『超能力っぽい力がある人』。主催者ウルヴァリンの呼びかけのもと、オフ会で初めて顔を合わせる五人。
 居酒屋を舞台に互いの超能力のお披露目会。
 そして、『超能力っぽい力がある人』同士の悲哀を語り合い結束を固めていくおじさんたち。
 果たして、おじさんたちに未来はあるのか! いや、あるのか?
(初出:『月刊群雛』2015年04月号)

『日本』
 紅葉が映える山間の風景を画用紙に描く葉山卓は、自分の技術が一向に上手にならないことに不安を感じるが、ナースの鈴木裕子からの励ましで描き続ける。しかし、結局はそれを活かすことなく、ある単調な作業場で働くことになる。そこで生活は保障されるのだが……。
(初出:『月刊群雛』2015年01月号)

表紙イラスト:しんいち(『月刊群雛』2014年07月号表紙イラスト担当)

B017NPRUCK

著 竹島八百富

​群雛文庫

・Amazon Echoのテキスト読み上げ機能に対応しています。

立ち読み

『Xメン・日本』は、以下のストアで配信中

《関連作品》

奇談屋の本

​其の四

© 2023 by Sasha Blake. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now