ホラー短編集

B00EELWMQG

編集 竹島八百富

 取材、投稿メールなどから得た「厭なもの」、「怖いもの」をオムニバス形式で著した短編集です。
 日常生活にお疲れ気味のあなたへ
 ここでの短篇小説は、現実から逃避するための処方箋だと思って下さい。しかし、過度の処方にはご注意ください。
 また、解決しそうで、しないのも短篇小説のおもしろさでしょう。読んでいただいた方に、「この先は、一体どうなるのだろう?」…と、心にモヤモヤしたものを残すことができれば幸いです。


『短篇は長篇の入り口である…』
 そのあとのストーリーは、読者である貴方が創り上げて下さい。
 主人公を生かすも殺すも、恋を成就させるのも終わらせるのも、全て貴方次第です。
 今回の短篇集も、読み終わった後にモヤモヤを残しましょう。

第1話『投稿ビデオ』
第2話『雪降る窓辺』

第3話『箱』
第4話『お礼』(投稿メール)
第5話『宿泊』
第6話『手袋、外して…』(投稿メール)
第7話『ナイト・ダイビング』

・本作はAmazon Echoのテキスト読み上げ機能に対応しています。

kindleunlimited対象作品。会員であれば無料で利用できます。

《関連作品》

奇談屋の本

​其の四

© 2023 by Sasha Blake. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now