アンダー・ザ・シルバーレイク

Jun 24, 2019(SAW-SEKI)

こちらの理解不足なのか?それとも?

◎感想文

 

 難解……という言葉を使ってしまうと、映画通の方から、映画を観る力に欠けているなんてツッコまれるのかもしれませんが、やっぱり難解だった。

 

 この作品は洗脳映画?宗教映画?はてさて、括りとしては何ジャンルなのでしょう? かと言ってつまらない訳ではないんです。ただ、一度鑑賞しただけでは、口がポカンって感じの映画です。劇場で販売されているパンフレットをじっくり読んで、へぇ~、ほぉ~っとなるので、一粒で二度美味しいといいましょうか。また、DVDが発売されれば改めてじっくり鑑賞することができるので、三度美味しいかも知れません。

 ネット上にも多くの解釈、フォローが出ているようなので、それらもじっくり堪能したいと思います。いったい何度美味しいのやら?

 とにかく長い映画ですので、覚悟の上、ご覧ください。

◎背景

 2018年アメリカ映画。日本での公開は、2018年10月。

 

◎STAFF

 監督は『イット・フォローズ』で、注目を浴びたデヴィッド・ロバート・ミッチェル

 

◎CAST

 アンドリュー・ガーフィールド

 ライリー・キーオ

◎STORY

 ロサンゼルスにあるシルバーレイクという街に住むサム。定職を持たず、日々ブラブラしているダメ人間。そんな彼が、ある日、同じアパートに住むサラという女性に一目惚れ。

 サラの飼い犬をダシに彼女に近づくサム。すると話はとんとん拍子に進み、翌日も会うことになる。ダメダメ人生に一点の輝きが見え好転の兆し……ところが、翌日サラの部屋に行くも、そこはもぬけの殻。

 果たして、彼女はどこへ? そこからサムの捜査と追跡が始まるのだが……。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

​縁側でドラマ 茶の間で映画

    Smart JUKU出版  奇談屋書店

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now