ヘレディタリー/継承

Feb 2, 2019(SAW-SEKI)

ホラーの玉手箱や~!

◎感想文

 

 まあ、いろいろぶっ込んでくれた映画でした。ホラー、オカルトのあらゆる要素をぶっ込んでくれているので、これ系が好きな人にとってはたまらんでしょうね。しかし、最終の着地点があまりに想像外のもので、正直、「こう来るか」と唸りました。

 というか、あれだけホラー風呂敷を広げてしまうと、この着地点しかなかったのでしょうね。

 個人的には、主要な3人のキャストの演技力で、この映画を脚本以上に怖い作品にしてくれたと思いますね。

 まあ、とにかく母ちゃん役、兄ちゃん役、妹役の三人の演技力は凄まじく、観ている側も思わず引き込まれ、どっと疲れさせてくれます。もう演技がスゴすぎて、この先オファーが来ないんじゃないか? と心配するほどです。

◎背景

 2018年アメリカ映画。サンダンス映画祭において、「この50年で最高のホラー映画」「21世紀最高のホラー映画」と評されています。

 日本での試写会では、『絶叫上映会』と謳っているにも関わらず、あまりの恐怖で絶叫さえもできなかったという、いわく付き。

◎STAFF

 監督は、本作が長編デビュー作となるアリ・アスター

 

◎CAST

 トニ・コレット

 アレックス・ウォルフ

 ミリ-・シャピロ

 

◎STORY

 グラハム家では、祖母のエレンが亡くなり、その葬儀が行われる。娘のアニーは、葬儀の参列者が意外に多いことに驚き、母のことをほとんど知らなかったと悟る。

 やがて、グラハム家には奇妙な出来事が起こり始める。そんなとき、高校生の息子ピーターは、仲間のパーティに出掛けることになるのだが、母アニーから、特別支援クラスの妹チャーリーを連れて行くことを条件に許可される。そして、チャーリーを連れてパーティに行くことになるのだが、チャーリーはアレルギー発作を発症してしまう。急いで帰宅しようと車を飛ばすピーターだったのだが……。

 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

​縁側でドラマ 茶の間で映画

    Smart JUKU出版  奇談屋書店

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now