緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー

Jun 31, 2019(SAW-SEKI)

おい、おい!マジで映画化したの?

◎感想文

 

 正直、テレビで観れば十分な内容ですが、クラウドファンディングで資金を募ったという、まあ誰も損をしたわけでもなく、今後の映画製作のあり方に一石を投じた作品といえば聞こえがいいかも知れません。

 しかし、いくらオカルト好きって言っても、この番組を映画化するか? と、疑問符を投げかけてしまいそうな作品。

 でも、ちゃっかり劇場に観にいった自分……だって、観たかったんだもん。スプーンもらえたし……。映画史上初めてでしょ、観客にスプーンを渡すって! それをユリ・ゲラーの映像を観ながら、曲げようという試み。いや、曲がりませんでしたけどね。

 それに特に「スゴい!」となるシーンもなかったし、せっかく資金を募ったのだから、もう少し時間を掛けて決定的なシーンを撮って欲しかったなぁ。

 できれば、スゴいネタを掴むまで、ロケ地に留まってくれるなどの気概見せて欲しかった。

◎背景

 2019年2019年新春映画。製作資金をクラウドファンディングで募るという荒業。

◎STAFF

 監督は高橋圭(情報なし)

 

◎CAST

 逸見太郎
 大槻ケンヂ
 辛酸なめ子
 飛鳥昭雄
 山口敏太郎
 中沢健

◎STORY

 ストーリーと言われましても……

 

 テレビ版と同じメンバーが、いつもの調子でバラエティ感満載で、語り合うのですが、さすが映画版と思えるのは、ロケをぶっ込んだところでしょうか。

 

 しかし、そのロケも、ネッシーは当然出てこないし、ユリ・ゲラーもほぼ自己紹介だけで、とにかく日本が好きってことくらいしか伝わらなかったし、手からお金を出す少年に至っては、同じモノを出すといいながら、マジックのマーキングが全く違っていたり……

 

 その他、オカルト三銃士の辛かった過去のこと(正直あまり興味ないんだけど……)など……。

 

 そして、映画の最後に、ユリ・ゲラーの「曲がれ! 曲がれ!」の音頭でスプーン曲げの実演。
 

 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

​縁側でドラマ 茶の間で映画

    Smart JUKU出版  奇談屋書店

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now